星のまなざし

「星のまなびば」の信じてること

~あなたの希望は、あなたの中にある~

そのむかし、インドの神さまが集まり、
成長する努力をしない人をみて、こう言いました。
「本来の自分をどこに隠そうか。」
「ヒマラヤの頂上に隠そう!」
「でもいつか人間は山に登って見つけてしまうよ!」
「では、海の底。深い深いところに隠そうか?」
「いや、それでも人間は海の奥底まで潜ってしまうね」
「では、どこに隠そうか・・」
最終的に神さまは人間の心の内側に、
「本来の自分の姿」を隠しました。
「人間は『本当の自分』が
 自分の心に隠されているなんて思わない。
 ここなら、なかなか見つからないだろう。」


●あなたのなかに答えはある●
この寓話が伝えているように、人間は「社会的な役割」や
「人から見られたい自分」「誰かが教えてくれる自分」を
本来の自分と思いたがります。本来の自分は、自分の心にあるのに、
その声を信じることなく、外部の声を信じるのです。
しかし残念ながら、社会的な価値判断、エゴ的な欲望、
また占星術の本にも「あなた」は見つからないでしょう。
あなたの本当の自分は、あなたの心にあります。
この「ありのままの自分の心」を聴けるよう励まされる場が、
安心安全な対話を創る「星のまなびば」です。
様々なテーマを対話の真ん中において、
あなたが自分の心に還れるようリーダーが導きます。


●人と人の対話にスペース(宇宙)がある●
自分の源にたどり着いたら、次はそこにある声を外に出します。
「星のまなびば」が大切にしている対話とは、
「相手の話を聞く。自分の話もする」。
両方向があって初めて、人と人の間に共感が生まれます。
人と人の間にあるスペース(宇宙)。
そのスペース(宇宙)に愛が満ちたら、
結ばれた点と点は共振しあい、
その源から可能性が広がるでしょう。
そもそも宇宙は二つの共振から生まれました。
私たちの明日も、未来も、人と人の間から生まれます。
新たな宇宙が生まれること、
それは宇宙が無限に広がっていることと同じ。


●癒しは同時に起きる●
この対話を双方向で積み上げた結果、相手に受容され、
あなたも相手を受容する。それが「癒しは同時に起きる」。
宇宙や星、自然は人を癒す…と言われますが、
私達は「癒しは同時におきる」と信じています。
片一方だけが癒すのではなく、癒されるのでもなく。
あなたが自然に癒されたなら、自然もあなたに癒されている。
それが「癒しは同時に起きる」ということ。
癒しが片一方だけに起こるなら、それは自己満足か自己犠牲です。
つまり自分を弱くて小さい存在だととらえず、
相手が強くて大きい存在だともとらえず。
相手も自分も同じくらいに大切な存在だと感じたとき、
あなたの意識はすべての源と同調していくでしょう。


●自分で選択することに、宇宙は限りない支援を与える●
自己受容の癒しが起きたら、未来の選択、
新たな可能性に人は心を開きます。
「本当はこうしたいのだ!」「今度はこうしよう」…など。
従来の占星術のように「あなたは〇〇だから~」と決めつけて、
あなたの未来を伝えることは、「星のまなびば」ではしません。
あなたの心の声から聞こえる選択を尊重するのが「星のまなびば」。
人間が一番パワフルになるのは、自ら人生を選択した時です。
人に選んでもらうのではなく、自分で選ぶ…を大切にしています。


●人は多様でありながら、ひとつの存在●
自分で人生を選んで周りを見渡すと、
人の選択に一つも同じ選択がないことに気づくでしょう。
なぜなら、この地球にいる一人一人は
全く違うホロスコープ(天体図)を持ちながら生まれるのですから。
すべてが美しい自然の摂理であり、多様性は地球の特徴です。
そして、この多様である全ての生物に、
自分を活かすための「生命(エネルギー)」が与えられました。
その「生命」があるから、私たちは死なずに生きているのです。
そして、その「生命」は一つの源から生まれたエネルギーだと
科学者は説明します。そのエネルギーに活かされて、
人も動物も植物も、この惑星地球で生きています。
あなたも、わたしも同じ人生ではないけれど、
この地球で生きていることは同じ。
ここは一つの惑星であって、私たちは多様であり、一つである。
それが「星のまなびば」が最後に表現したいこと。
伝えたいこと。一番大切にしている信念です。


錬金術では、それは「大いなる魂」と呼ばれているんだ。
君が何かを全身全霊で欲した時、
君はその「大いなる魂」ともっとも近い場所にいる。
それはいつも、前向きな力として働くのだ。
これは人間だけに与えられた贈り物ではない。
それが鉱物であろうと、植物であろうと、動物であろうと、
単なる思いであろうと、
地上にあるすべてのものは魂を持っている。
地球上にあるすべてのものは常に形を変えている。
なぜなら地球は生きているからだ。
そして地球には魂があるからだ。
私たちはその魂の一部なので、
地球の魂が私たちのために働いていることを、
ほとんど認識していない。
~パウロ・コエーリョ「アルケミスト」