星のまなざし

星を伝える : トレーニング
星のまなびば
「星のまなびば」リーダーになったら何ができるの?

「星のまなびば」リーダーになったら何ができるの?

「星のまなびば」の開催は、テーマ、対象も性別や年齢も問いません。あなたが願う「ここの人たちに届けたい」「この場に希望を届けたい」そんな願い(意図)から、立ち上げてください。

今まで開催してきた「星のまなびば」

  • 多様性を伝えるための12サインすべてを集めた場。
  • 土星をテーマに人生の光を闇を語り合う場。
  • 地球の未来を見つめ合う「プラネタリー」上映会。
  • 孤立しがちな育児中のお母さんの気持ちに寄り添う。
  • 生と死をみつめあうLiving and Dying。

あなたの願いが「人を幸せにしたい!」に向いたとき、その場に集まった人に、光や幸せを分け与えることができます。

そして、その光をうけた人が癒されたら「私もあんなリーダーになりたい!」と勇気を出して、また更に光が広がっていくのです。

…その循環が途絶えることがなければ、この世界は確実に変容していくでしょう。一滴の水が大きな波紋をつくっていくように。

それが平和への一歩だと、私たちは信じています。

プロジェクトチーム

  • 「12サイン」
  • 「占星術家スキルアップ」
  • 「吉田結妃さんのサビアンカード」

「星のまなびぱ」には、同じ目的意識で立ち上がったプロジェクトがあります。

それぞれのプロジェクトリーダーのもとで、自然体で無理なく集まれる人だけが集まって企画開催するイベント(セミナー)です。

「星のまなびば」の対話ありき…を基本としながら、リーダーそれぞれが自分の使命、願い、夢、楽しみ…を表現する場。

その実現のコツは「一人で孤立しない」

有機的な共同体として活動しているのも、「星のまなびば」の特徴です。

このグループは一つの本質的な目的を共有しながらも、
自立しあい、時に連携もしあいます。

一人だけの意図で開催していた時と違い、
グループの源流にある願いにつながり
倒れそうになった時に、友の支えに励まされ、
倒れている友がいる時、支えになること。

横軸にのびる対等な共鳴共振によって、
新しい可能性を世界にもたらす。

この世界に新しい価値をもたらすアルケミストのような集団です。